合法ハーブ・アロマリキッド・GT各種の合法ハーブ情報を共有していきましょう

合法ハーブ・GTアロマリキッドの通販と極秘

合法ハーブとリキッドアロマを人体への摂取は絶対に行わないで下さい

GT合法ハーブの大魔王のブログはノンフィクションです。合法ハーブは100%合法だけを取り扱っております

FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合法ハーブの歴史・・・@合法GTハーブマン☆ 

合法ハーブの文化

その歴史は古く、ヨーロッパではキリスト教発祥以前から使われており、ヨーロッパのキリスト教以前の宗教との繋がりが深いと思われています。

古代エジプトではイチジク・ブドウと合せてヤグルマギクやケシの仲間が栽培された薬草園があったそうです。現在でも、ハーブが庭に生い茂っている家に住む人や、ハーブに造詣が深い人を指して尊敬を込めてハーブ魔女と呼ぶ事があるようです。

ヨーロッパ中世を襲ったペスト(黒死病)の蔓延を救ったのも、ハーブの知識とされ、例えば、セージやマジョラム、ローズマリーなどを酢に漬けておいたものを飲んだり、身体につけるとペストの感染を防ぐとされていました。

現在になってからの研究によるとこれらのハーブは抗酸化性が強く、免疫力を高めることが分かっています。

中世ヨーロッパでは、ハーブなどの知識に詳しかったりハーブを魔よけ等に使う知識を持った人々が魔女狩りなどで弾圧されました。

キリスト教ではない宗教性と繋がりのある人々がハーブの知識などにより人々を救い、そのことにより注目された反動として、キリスト教会が後になってこれらの知恵者を弾圧したのが魔女狩りの本当の理由だと言う説があります。

ハーブの知識は、ローマから距離的に離れなおかつローマ教会(カトリック)の影響の少ないイギリスに残ったようです。現在もイギリスではハーブガーデンを始めとしたハーブの知識が多く、1980年以降は代替医療として国家政策としても積極的に使用が推進されています。

イギリスから現在のヨーロッパやアメリカにもハーブの知識が伝わりました。また、ヨーロッパのハーブの知識は、移民との接触によって北米先住民にも伝わり、北米先住民の使うハーブに、ヨーロッパを原産とするセージが含まれていることもあります。

ハーブの歴史はとても長いですね。
ハーブマンも頑張って色んな歴史を作っていかないといけないね♪

通販専門サイト【SPICE TIMES】スパイスタイムズ
通販専門サイト【SEXY TIMES】セクシータイムズ
GTハーブ専門店@神戸三宮【chills-club】
SPICE TIMES店長@合法ハーブマンのブログ
SPICE TIMESの合法ハーブの図鑑
GTハーブの貴公子の波乱万丈ブログ
合法ハーブ・リキッドの大魔王の全国制覇
合法ハーブについて考えるブログ
GT合法ハーブ>リキッド@wiki


関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

この合法記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この合法記事のトラックバック URL
http://herbmen666.blog.fc2.com/tb.php/304-8026e804

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。